京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をランキング形式で紹介します。

映像制作を外部の会社に依頼する際に用意しておくと便利な資料とは?

公開日:2022/04/15

5Gの拡大や動画コンテンツの需要増加に伴い、映像制作という領域は私たちの暮らしに欠かせないものになりました。将来の企業成長を目指し、今まさに映像制作の依頼を考えているという会社もあることでしょう。今回は、映像制作会社に仕事を依頼する場合、どのような準備や資料が必要かということについてご紹介します。

映像制作を外部の会社に依頼する前にしておくべき準備

映像制作を依頼する際には、事前に依頼側で準備しておきたいことがあります。それぞれ詳しく紹介するので、参考にしてください。

依頼する目的を明確化する

まずは、今回の映像制作を依頼する目的を明確化しましょう。映像制作の目的には、企業や商品・サービスの認知拡大、ブランディング、集客、販売促進、会社紹介、採用などが考えられます。目的によって異なる映像制作のアプローチが有効になるため、目的の詳細な設定をすることは非常に大切です。

ターゲットを細かく設定する

ターゲットについても絞り込みをしておくことが必要です。万人をターゲットにした作品はパッとせず、誰の心にも刺さらない可能性が高いです。ターゲットを絞ってこそ、特定の人に響くメッセージを届けることができます。

予算を決める

映像制作の料金は、使う技術などによって大きく異なります。そのため、完成の具体的なイメージや予算をまったく考えていないと、不必要なオプションを次々と加えてしまい料金が跳ね上がることにもなりかねません。最終的に想定を大きく上回る金額を提示されてしまわないよう注意が必要です。

納期を設定する

企業の成長戦略のひとつとして映像制作を用いる場合、社内で想定している映像の公開日があるはずです。修正の可能性も考え、映像制作会社には余裕を持った納期を提示するようにするとよいでしょう。

配信媒体を想定しておく

今回の映像制作の完成形をイメージするとともに、完成した作品をどの媒体で配信するのかもあわせて想定しておきましょう。映像や動画のもつ雰囲気や世界観によって、説明会などのフォーマルな場面で使うのか、SNSで配信するのかなど選択は変わってきます。

映像制作を外部の会社に依頼する際に用意しておくと便利な資料

映像制作では、制作会社の担当者に依頼主の思い描いているイメージを細部まで知ってもらうことが大切です。そのため、自社の会社案内や商品・サービスに関する詳細資料がある場合にはそれらを担当者と共有するようにしましょう。そうすることで、両者の認識のずれを防ぎ、互いのイメージをすり合わせるのに役立つでしょう。

また、自社が競合他社と比べて優れているところや、自社にしかない強みがある場合、それを伝えてみるのもよいでしょう。具体的にイメージしている完成形がある場合はその映像や動画を保存しておき、それを見せてイメージを伝えるのも効果的です。

映像制作会社はどのような観点から選ぶべき?

大手から中小に至るまでさまざまな映像制作会社がありますが、失敗しない会社選びには、いくつかコツがあります。

過去の制作実績があるか

映像制作は現在成長を続けるビジネスです。比較的参入したばかりの会社もあれば、すぐに撤退していく会社もあります。そのため、目安としてはひとまず5年以上の制作実績がある会社を選ぶと安心でしょう。

また、その映像制作会社はどの分野に強みがあるのかを調べてみることも大切です。たとえば、自社でCGを取り入れた映像制作を依頼しようとしている場合、CGを使った制作の実績やノウハウが豊富な会社の方が、依頼するには適しているということができます。

料金体系は明確か

料金体系については、きちんと理解しておかないと後からこんなはずじゃなかったと後悔することになりかねません。基本料金には、どこまで含まれているのか?何がオプション扱いになるのか?オプションの価格はいくらか?というところまで、明確にしておきましょう。料金の面で曖昧なことを言うような会社に依頼をするのは後々トラブルに発展する可能性が高いので控えましょう。

作業スケジュールは明確か

映像制作には、出演者のスケジュール設定や撮影、編集といったように作業工程が多くあります。そのような中でも、作業日程を細かく提示し、スケジュールどおりに仕事をしてくれる評判のある会社は信頼できるでしょう。

制作環境は整っているか

会社によって、機材の品質や自社スタジオの有無は異なります。中には、依頼主から受けた仕事をそのまま外注している制作会社もあります。制作環境は作品の質にも大きく関わるためしっかり確認しておきましょう。

マーケティングの知識があるか

依頼者には、映像制作を依頼した目的があるはずです。その目的を達成できるかどうかは、制作会社側にどれだけマーケティング力があるかということが大きく関係します。ただ依頼されたとおりに映像制作をするのではなく、依頼者の目的や意図を汲み取り、マーケティングを考慮した提案や制作を行なってくれる会社が理想的です。

 

今回の記事では、外部の映像制作会社に依頼する場合、どのような準備や資料が必要なのかについてまとめました。まず映像制作の目的やターゲット、予算などを検討し、その後イメージを実現できそうな会社を探していくようにしましょう。今回の記事を参考にして、満足いく映像制作会社を見つけてみてください。

【京都】おすすめの映像制作会社ランキングTOP15

商品画像1
2
3
4
5
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社ランキング!
JPCの画像
記事一覧