京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をランキング形式で紹介します。

京都の動画制作の料金相場はどれくらい?種類ごとに解説

公開日:2021/05/15

近年において、広告や宣伝の主流は動画作品であるといっても過言ではありません。とはいえ、未経験者にとって動画を制作するというのは一筋縄ではいかないため、動画制作はプロに依頼をしたいと考える人も多いのではないでしょうか。

今回は京都の動画制作について、気になる料金相場を種類ごとに解説します。

依頼先や撮影内容による費用の違いについて

動画制作の費用相場は非常にバラつきがあり、実際に調べてみて参考にならないと感じた方も多いのではないでしょうか。こうした金額の大きな差が生まれる原因として、次の3つの理由が考えられます。

依頼先の違い

動画制作会社とフリーランスは、料金体系に大きな違いが見られます。大手制作会社のサービスは基本的に高い傾向にありますが、その分高品質かつ包括的なサービスが期待できるでしょう。

一方で、フリーランスは柔軟性があり、予算に合わせた提案が可能ですが、品質や専門性にばらつきがあることがあります。

依頼ごとに作業内容や手順が異なる

動画制作にかかる費用には、人件費や撮影・編集などの諸経費が含まれており、これらの経費の積み上げ方式によって最終的な金額が決定します。そのため動画制作にかかる手間が少ないほど、コストが下がるという仕組みになっているのです。

構成などの変化で制作費が決まる

動画や映像の用途によって、最適な企画や構成、表現方法は変わってきます。こうしたポイントにより動画の制作費用が決まるのですが、重要なのは、動画の用途によって相場が異なるという点でしょう。

動画制作費用は、なぜ相場がこうもバラついているのか。その主な理由について挙げてみます。

・個人または企業かの依頼先の違い
・撮影や編集などの工程数やクオリティの違い
・要望に適した企画や構成、表現方法などの違い

動画制作を依頼するとき、どこに依頼すれば費用を抑えられるのでしょうか?最近では、動画制作会社だけでなく個人(フリーランス)も多くなり、とても悩みますよね。

そんなときは、まず動画制作にはどのような費用が発生しているのかを理解し、どの部分を依頼したいのかを明確にすることが大切です。

依頼先別の費用相場は?

ここからは動画制作の依頼先によって、どのように金額が変わってくるのか、相場や依頼先ごとの特徴をご紹介します。

動画制作会社

動画制作会社に依頼した場合の費用相場は、30万円~200万円ほどの金額が一般的です。しかし、WebCMやブランディング動画では200万円〜1,000万円の費用相場となるため、用途によって違いがあります。

動画制作会社に依頼すると、企画をはじめ撮影、編集、納品にいたるまで、動画制作におけるすべての工程をおまかせすることができます。動画制作会社の大きな強みは、企画提案が可能であること、高いクオリティが保証されていること、段取りのよさや契約面の安全性などが挙げられ、総じて安心感を覚えますよね。

お高いのは否めませんが、その分料金や要望に適した仕事をしてくれるというのも、また事実といえるでしょう。特に、法人で動画制作の依頼を検討する場合は、基本的に個人でなく、動画制作会社に依頼することをおすすめします。

というのも、やはりビジネスで利用する動画・映像は、高い品質であることが欠かせないためです。ただし納期まで余裕がある場合は、フリーランスに依頼できる仕事も増えるので、動画制作会社も含めて見積もりを取るといいでしょう。

依頼先を選定する場合は、依頼内容や用途を伝えた上で複数の制作会社から見積もりをもらうことが重要です。

個人(フリーランス)

個人(フリーランス)に動画・映像の制作を依頼する場合、一般的な費用相場は1万円~50万円ほどとなっていますが、費用は依頼の範囲によって変わってきます。そのため、動画の尺や内容によっては5,000円~15万円ほどで依頼できる場合もあるでしょう。

制作会社と違って人件費がかからないため、比較的安価な料金となる傾向があります。個人のクリエイターは、動画制作の作業の一部だけを引き受けているケースがほとんどで、基本的には撮影・編集・ナレーションなどの、いずれかのみ請け負うかたちになっています。

個人に依頼するには、クラウドワークスのようなサービスを利用するのが、主な方法となっています。フリーランスで動画制作を引き受けているクリエイターの強みは、YouTubeの撮影・簡単な編集など、ひとりでもできる範囲の動画制作が得意な点でしょう。

そのため、それ以外の業務となる企画や動画制作のディレクション、マーケティングなどが自社でできるようであれば、コストを抑えて動画制作を依頼することができます。ただし、依頼する場合は、個人によってスキルの差が大きいため、過去の実績やコミュニケーションに問題がないかなど、発注前の打ち合わせが重要です。

広告代理店

テレビCMやPR、ブランディングなど、動画・映像以外の制作を依頼できる広告代理店も、選択肢のひとつとして挙げられます。動画制作だけではなく、動画や映像を使ったプロモーションプランまで依頼したい場合は、広告代理店に依頼することが手っ取り早いともいえます。

しかし動画制作自体は、下請けにアウトソーシングするケースがほとんどなので、フリーランスどころか動画制作会社に依頼する以上に、割高になってしまうでしょう。広告代理店は、本来あくまで広告枠を売るための仕事をする企業なので、動画・映像制作においては、専門的なスキルをもつ動画制作会社に依頼することをおすすめします。

このように、どの依頼先へどんな依頼をするかで費用は変わります。また、同じ動画制作会社のなかでも細かい対応には差があるので注意が必要です。

たとえば、修正対応に追加費用がかかる会社もあれば、無料の会社もあるのです。そのため、依頼先を選定する際は、複数の会社の見積もりを確認し、詳細を打ち合わせした上で検討することが大切です。

動画制作工程の費用相場について

動画制作を行うときには、「企画」「映像」「編集」の3つの工程があり、各工程にかかる費用相場も異なります。また動画制作には、主に企画費・人件費・諸経費などで構成されており、これらを合算することで、総支払額が決定します。

ここでは動画制作工程の費用相場について見ていきます。

企画における費用相場

動画制作工程の「企画」とは、動画制作において最も重要な工程であり、コンセプト作りからシナリオや絵コンテ制作、進行管理などを行います。企画構成費やプロデューサー、ディレクターなどの人件費が必要になります。

企画にかかる費用相場としては、10万円〜100万円程度です。

映像における費用相場

動画制作工程の「映像」は、動画や映像の素材となる映像やイラストを作成する工程です。実写やアニメーション、3DCGなど制作する動画によって変わりますが、人件費やロケーション代、撮影機材代など動画制作において一番費用がかかる部分になります。

映像にかかる費用相場としては、30万円〜200万円程度です。

編集における費用相場

動画制作工程の「編集」は、最終的に動画や映像を仕上げるために、BGMやナレーションを入れたり、作成した映像を繋ぎ合わせたりする工程です。動画編集スタッフやナレーター、BGM作成などに費用がかかります。

編集にかかる費用相場としては、内容によって相場が異なり10万円~300万円程度と大きく幅があります。これらを踏まえて、動画1本あたりおおよそ30万〜200万円というのが費用相場といわれています。

このように、動画制作の工程においてさまざまな費用が発生します。依頼先によって動作制作工程の中でも対応可能な範囲が変わるため、どういう動画を制作したいのか、そしてどこまで依頼するのかによって費用も大きく違ってきます。

動画の種類別の費用相場について

先ほども少し触れたように、動画の種類によって費用相場が異なります。どのような映像を希望しているのか、それぞれの種類別の動画の費用相場について紹介していきます。

アニメーション動画の場合

イラストやグラフィックのみで構成されるアニメーション動画は、抽象的であったり複雑であったりして口頭では上手く伝えるのが難しい内容であっても、視聴者に伝わりやすくなるというメリットを持った動画です。アニメーション動画は実写動画よりも表現できる内容が幅広く、たとえば「人間が空を飛ぶ」というような現実にはあり得ないような内容であっても自由に表現することが可能となります。

そんなアニメーション動画の制作にかかる京都での料金相場は、1本あたり50万円~100万円です。動画の長さや使用する画像、利用する技術によってかかる料金は変動します。

例として、会社のロゴなど自前のイラストや写真を用い、静止画とアニメーションを組み合わせるような内容である場合、全編3DCGを使ったアニメーションのような内容と比べてコストを抑えることが可能です。また、全編3DCGを使ったアニメーションであっても、動画の長さが短ければ短いほど、長い動画に比べて料金を抑えることができます。

実写動画の場合

人物や商品そのものなど実在しているものの映像で構成される実写動画は、リアリティがあることから視聴者に臨場感を感じさせるとともに内容についての共感を引き出しやすいというメリットがある動画です。実写動画には主に題材を用意して事実を元に脚本を作り上げるドキュメンタリー形式と、物語に沿って出演者が役割を演じるドラマ形式があります。

どちらの形式であっても実在しているものの映像になるため、たとえば観光地のPR動画だとすれば現地の様子や現地を訪ねた人の様子をリアルに伝えることができます。そんな実写動画の制作にかかる京都での料金相場は、1本あたり100万円~200万円です。

実写動画はアニメーション動画と違い動画の長さはあまり料金に影響しませんが、出演者の人数や演出の方法などによってかかる料金が大きく変動します。例として、採用活動の一環として社員へのインタビュー動画を撮影するというような場合、出演するスタッフや撮影スタッフの人数をしぼったり機材を必要最低限にしたりといった工夫が行えることからコストを抑えやすいです。

一方で商品やサービスを題材にドラマ仕立ての実写動画を撮影するというような場合、特定のシーンを撮影するためのキャスティングや演出が必要になることから、その分料金が高くなるということが考えられます。

3D・CGはこだわるほど高くなるため打ち合わせが重要

ところで、料金相場だけを見ると実写動画よりもコストが抑えられそうなアニメーション動画ですが、実は3DやCGにこだわればこだわるほどかかる料金が高くなることをご存知ですか?というのも、3DやCGの制作はほとんどがクリエイターによる手作業で行われるため、こだわればこだわるほどにクリエイターが制作にかける時間も増すことになります。

それだけ人件費がかかるということになるため、3DやCGにこだわればこだわるほどかかる料金が高くなるのです。また、3DやCGの制作に使用される機材はその能力の高さから高価なものが多く、凝った3DやCGを制作する場合にはそれだけ長い時間、高価な機材を稼働させることになります。

これも3DやCGにこだわればこだわるほどかかる料金が高くなる一因です。では、こだわったアニメーション動画を制作する際に少しでもコストをおさえるためにはどんな方法があるでしょうか。

それは、アニメーション動画を制作する目的をなるべく明確化し、制作をスタートさせるまでの工程をしっかり準備することです。やはり普段から3DやCGの制作に携わっていない人にとって、アニメーション動画の制作に関する工程を考えることは容易ではありません。

求めているクオリティの3DやCGによるアニメーション動画をこの日までに欲しい、という希望がプロの目から見て無理をいっているということも考えられます。目的があやふやであれば制作途中に路線の変更を依頼したくなるかもしれません。

突然の変更や修正が発生すればその分を処理するためのコストがかさんでしまうため、まずはしっかり制作会社との打ち合わせを行うようにしましょう。

動画制作・映像制作の費用を抑えるポイント

まともに動画・映像の制作を外注してしまうと、かなりのコストがかかってしまいます。とはいえ、へたに自主制作をしてクオリティを落としてしまうと、本末転倒ですよね。

では、動画制作のコストを抑えながら、クオリティの高い動画に仕上げるには、入念に依頼先を選ばなければならない…とは限りません。たとえば、自分たちでやれる範囲は極力こなして、演出の優先順位も決めると、費用を抑えやすくなるでしょう。

動画制作では、オシャレさやカッコよさなどの見た目のインパクトを期待する人も多いのですが、低予算で仕上げるのであれば、最低限の目的を果たすための要素を絞っていくことが大切です。そのためここでは、動画制作における自分たちでできる経費削減の工夫について、アドバイスさせていただきます。

素材を自前で用意する

動画制作にあたって、写真やイラスト、過去に撮影・使用した動画など、自分たちで素材を用意できるようであれば、制作費用を抑えることができます。一から素材を制作する必要がないため、費用を抑えることができるのです。

実写であれば、撮影スタッフの人件費や機材代、場所代、アニメーションであれば、デザイン費用をカットできるでしょう。

撮影場所はオフィスや近場で済ませる

近場で撮影することも、宿泊費や交通費などの諸経費を削減するうえで効果的です。撮影を室内で行う場合は、自社オフィスで行うといいでしょう。

どんな雰囲気なのか伝わりやすいですし、ロケ代も発生しないので、コスパのいい撮影場所となります。またグリーンバックを使用して撮影することもおすすめです。

グリーンバックは好きな背景を合成することができるため、オフィスや近場同様、移動費を抑えることが可能です。

最小限の撮影日数にする

実写だと撮影するための費用がかかってしまいますが、その撮影にかかる日数を1日、もしくは最小限で終わらせることができれば、費用削減が期待できるでしょう。というのも人件費をはじめ、機材・場所のレンタル代などは1日ごとに発生し、撮影日数が増える分、それらの経費もかさんでしまうためです。

このような事態にならないよう、事前準備やスケジュール調整は綿密に行い、1日もしくは最小限の日数で撮影できるよう計画を立てましょう。スクリプトをよく練っていけば、撮影や編集の効率を向上させ、コミュニケーションのミスを減らせるため、制作費用を削減できます。

フリー素材のBGMを流す

音楽に強いこだわりがなければ、フリー素材のBGMを検討してみましょう。近ごろの視聴者は、音声を切った状態で動画再生をするケースも少なくないですし、BGMよりも動画に集中している傾向が見られます。

フリー素材のBGMを使用することで、音源制作代や著作権等の費用がかからなくなります。

従業員が出演者になる

実写で動画を制作するにあたって、別途で役者に出演依頼をすべきかどうか、ということも検討しましょう。特にエキストラが必要であれば、かわりに従業員に出演してもらうことをおすすめします。

役者を起用する場合、キャスティング代や衣装代、ヘアメイク代などが発生しますが、従業員が出演して自前で用意することで、これらの費用を削減することができるでしょう。ただし、起用したスタッフが退職した際には、動画の使用に関して揉める場合もあるため、あらかじめ動画公開期間など契約内容の確認が必要です。

動画の長さは短くして、テンプレート化する

動画は、一般的に長ければ長いほど制作費用がかかります。よって動画の長さは可能な限り短く設定しましょう。

またSNSなどに使用する複数動画を制作する場合は、テンプレート化し他の動画でも同じ素材を使用できるようにすることで、制作費用を抑えることができます。

目的を明確にする

動画制作の目的を明確にすることが大切です。目的が曖昧なまま進行してしまうことほど、動作制作中に混乱を生じさせ、急な企画や制作スケジュールの変更などによって、さらなる費用を発生させることに繋がりかねません。

また、予算や納期も合わせて事前に依頼先と打ち合わせをすることで、目的を達成するための必要最低限の要素に絞ることもでき、無駄な費用の発生を抑えることができるでしょう。

過去の実績を確認して依頼先を選定する

動画制作会社や個人(フリーランス)もそうですが、それぞれ得意ジャンルがあります。よって、必ず過去の実績を確認しましょう。

制作したい動画と同じジャンルを得意とする依頼先を選定することで、経験やノウハウも豊富のため他の会社よりも費用を抑えられる可能性があります。動画制作の費用を抑えるポイントは、依頼先に全てを丸投げするのではなく、やはり目的を明確化した上でどこまで自社で対応できるのかが重要となります。

ただし、費用を抑えようとするあまり、自社での作業を増やし過ぎてしまうと、不慣れな作業と業務過多にともなうクオリティの低下に繋がりかねません。一定のクオリティの動画を制作するためには、費用対効果を図る上でも、必要な部分はプロにお任せすることもとても重要です。

動画制作によりどんな目的を達成したいのか、そのために何を優先すべきかをしっかりと見定めつつ、無駄な費用を抑えていきましょう。

まとめ

今回は京都の動画制作について、気になる料金相場を種類ごとに解説しました。アニメーション動画の場合は1本あたり50~100万円、実写動画の場合は1本あたり100~200万円が料金相場で、3D・CGはこだわるほど料金が高くなるため、コストを抑えるにはしっかり制作会社と打ち合わせを行うことがポイントとなってくることがわかりましたね。

ぜひ、動画制作を依頼する際には本記事を参考にしてみてください。

動画・映像制作で
迷わられた方は
この会社がおすすめ!
ダイヤモンドプロ

ダイヤモンドプロは京都にある、40年以上の豊富な経験を持つ映像制作会社です。ブランディングやリクルート動画のほか、多様なジャンルの動画作成を手掛けています。

人を描くことに特に注力し、「人を魅力的に映す」高い技術を持つのが特徴です。そうして繰り広げられる映像は、人に感動と気づきを与えるものに仕上がるのです。

【京都】おすすめの映像制作会社ランキングTOP15

商品画像1
2
3
4
5
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社ランキング!
JPCの画像
映像・動画制作コラム