京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をおすすめ形式で紹介します。

京都の映像制作の流れと必要な日数を解説

公開日:2021/05/01


映像化が浸透している近年において、どんな分野であっても映像を使った広告や宣伝はもはや必須といってよいほどです。とはいえいざ取り組もうと考えると、映像制作はどのように行うのか、どの程度の日数がかかるのかなど、疑問に思うことがたくさんありますよね。今回は京都の映像制作について、流れと必要な日数を解説します。

企業向けの映像制作の流れ

まずは、企業向けの映像制作をする際の一般的な流れを紹介します。企業向けの映像制作では制作会社との「打ち合わせ」を行うことで、依頼主から制作会社に映像の内容や効果に関する要望を伝えるところがスタート地点です。次に打ち合わせの内容をもとに製作会社から「企画・構成の立案」が行われ、映像の概要を決定します。そして決定した概要に沿って制作会社による「台本の作成」があり、依頼主のチェックを経てシナリオを完成します。

その後はいよいよ「撮影」に入りますが、場合によっては撮影場所の下見や撮影に際しての手配・手続きを依頼主が行うこともあるため制作会社に確認するようにしましょう。撮影後は「仮編集」といって、本格的な編集に入る前段階として映像の大枠を確認し、映像に必要な内容やカットが含まれているかのチェックを行います。

仮編集が終了した後は制作会社が映像の「本編集」を行い、依頼主は試写を通して映像がイメージに合うものに仕上がっているのか、クオリティに問題がないかなどの最終的な確認をします。本編集後は制作会社によって「MA(MultiAudio)」と呼ばれるBGMやSE、ナレーションなどの音声に関する仕上げが行われ、メディア化されたものが依頼主に「納品」されることが映像制作のゴール地点です。

個人向けの映像制作の流れ

続いて、個人向けの映像制作をする際の一般的な流れを紹介します。個人向けの映像制作でも、企業向けの映像制作と同様に初めは制作会社との「打ち合わせ」を行うことからスタートします。映像の内容や映像による訴求効果についてなどを話し合うとともに撮影に必要な手配・手続きについても打ち合わせをし、制作会社もしくは依頼主のどちらが手配や手続きを進めるかなどの決定を行います。

その後に行うのは「撮影」です。打ち合わせの内容にもとづいた場所で必要な内容を撮影していきます。撮影が終わり次第、制作会社によって映像が「編集」され、依頼主のチェック及び指摘にともなう修正を行って「メディア作成」に進みます。なお、修正の内容によっては追加料金が発生することもあるため必ず制作会社と確認をするようにしましょう。制作会社よりDVDやBlu-ray、動画ファイルなどにメディア化された映像が依頼主に「納品」されることが個人向けの映像制作のゴールです。

依頼から納品までの日数を打ち合わせることが大切

ところで、映像制作を制作会社に依頼してから納品に至るまでにはどの程度の日数がかかるものなのでしょうか。実は、映像制作にかかる日数の目安は一概に○日程度と明言することが難しく、ケースバイケースと表さざるを得ません。たとえば映像の内容について天候や季節のようなコントロールしにくい条件下でのみ発生するような特定のシーンを入れ込みたいという場合、天候や季節などの条件が合ったタイミングでしか撮影ができないという事態が発生するため、すぐに撮影をできない恐れがあります。

また、依頼主は制作会社が作成した台本や仮編集などの内容を随時チェックし、必要に応じて修正の要望を出したり修正後の内容を再確認したりと、映像制作に関してある程度の時間を取る必要があるため、依頼主が多忙である場合にはチェック・修正の流れに思いのほか時間がかかるということも考えられるのです。このように、依頼する内容や依頼主の状況に応じて依頼から納品までの日数には差が生まれるため、映像制作を制作会社に依頼してから納品に至るまでにはどの程度の日数がかかるものなのかは明言しづらいということがあります。

とはいえ、依頼をした映像についていつ納品されるのかということは依頼主にとっても気になる部分ですよね。映像制作を進めるうちに予定がずれていくということも有り得ますが、打ち合わせの段階である程度のスケジュールを組むことで制作会社と依頼主の間で目安を共有できるため、映像制作にどの程度の時間をかけられそうか、いつまでに納品を希望しているのかなどは映像の制作に取り掛かる前に話し合っておくとよいでしょう。

 

今回は京都の映像制作について、流れと必要な日数を解説しました。企業向けと個人向けではそれぞれ映像制作の流れに違いがあることや、依頼から納品までの日数の目安は一概に○日程度と明言することが難しいとわかりました。いずれについても、制作会社との打ち合わせを綿密に行うことで内容を理解したり、希望や要望を叶えてもったりすることが可能になるため、映像の制作に取り掛かる前には制作会社とよく話し合い、スムーズに進行ができるように準備をするのがおすすめです。

【京都】おすすめの映像制作会社5選

商品画像
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社5選
JPCの画像