京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をランキング形式で紹介します。

複数の映像制作会社を同時に比較する際のポイントについて解説!

公開日:2022/08/15


昨今、映像制作はプロモーションに欠かせないものとなってきました。しかし、自社内で映像を作るのは、なかなか骨が折れるもの。外注した方が効率のよい場合もあるでしょう。そこで今回は、複数の映像制作会社を比較する際のポイントを解説します。映像制作会社へ依頼しようと考えている人はぜひチェックしてみてください。

映像制作を外部の会社に依頼するメリット・デメリット

まずは、映像制作を外部の会社に依頼する際のメリットとデメリットを押さえましょう。メリットは4点、デメリットは2点挙げられます。

外部依頼のメリット

外部依頼のメリットは、以下の4点です。

・クオリティが高い
自社内で映像を作る場合、映像制作専用の部署でもない限り、クオリティの高い映像を作ることはなかなかハードルが高いでしょう。その点、映像制作のプロに外部依頼すれば、高いクオリティが担保されます。せっかく映像を苦労して制作してもクオリティが低ければ、かえって会社のイメージを悪くしかねません。目的に合った効果的な映像を作りたいのなら、外部の会社に依頼することをおすすめします。

・社員の負担を減らせる
映像制作を普段から行っていない会社が自社内で映像制作をするならば、その作業は通常業務と並行して行わねばなりません。それでは社員にとって大きな負担となるでしょう。外注ならば、社員の作業量は増えず、負担が減らせると考えられます。

・3DCGやアニメーションを制作できる
映像の目的やターゲットによっては3DCGやアニメーションの映像が最適なこともあるでしょう。しかし、3DCGやアニメーションの映像を素人が作るのはあまり現実的ではありません。映像制作会社なら、プロのスキルやセンスで高品質な映像を手に入れられるでしょう。

・トータルでかかる費用が比較的少ない
自社で映像を制作した方が、外注よりも安く済むと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、自社制作の方が外部に依頼するよりも費用がかかるケースがあります。それは、映像を作るためのソフトや撮影機材などを一からそろえなければならないケースです。今後、動画制作をする機会が増えるのならば初期費用をかけることにメリットはあるでしょう。しかし、映像制作が単発的なものならば、外注の方がメリットは大きいのではないでしょうか。

外部依頼のデメリット

・外注費用が必要
映像制作を外注する場合、企画構成費・ディレクション費・台本作成費・撮影費・編集費などさまざまな費用が必要です。動画の長さや機材のグレードなどにもよりますが、セミナーやイベント動画では数十万円~50万円、会社紹介動画では50万円~数百万円が必要です。

・スケジュールが組みづらい
映像制作には、プロデューサー・ディレクター・構成作家・カメラマン・モデルなどの多くのスタッフが関わります。そのため、映像の完成予定日を早めたいという急な要望などに柔軟に対応することが難しいのが現実です。しかし、自社内で映像制作した方が、企画・撮影・編集をすべて自社内で行えるため、スケジュール調整がしやすいでしょう。

映像制作会社を選ぶ前に準備しておくべきこと

映像制作会社に依頼する前に以下のことを準備しておけば、スムーズに依頼でき、かつイメージに近い映像を制作できるでしょう。それは、映像の目的・予算・納期・発信媒体を明確化しておくことと、参考動画・自社サービスの資料を準備しておくことです。

映像の目的・予算・納期・発信媒体

映像を依頼する前に社内であらかじめ決めておきたいのが、映像の目的・予算・納期・発信媒体です。どんなターゲットに向けて、なんのメッセージを伝えたいかという目的が明確でなければ、効果的な映像を制作することは難しいでしょう。

また、映像の目的や使用媒体は、どのような映像技術を使うべきかを判断するのに重要です。たとえば、3DCGやアニメーションを使用した方がターゲット層に訴求できるのであれば、3DCGやアニメーションが得意な映像制作会社に依頼すべきでしょう。このように、映像の目的・予算・納期・発信媒体を決めておくことで、依頼すべき映像制作会社がある程度しぼれます。

参考動画・自社サービスの資料

参考動画・自社サービスの資料があれば、依頼された映像制作会社も映像のイメージが描きやすいでしょう。よりよい映像を制作する手助けになります。また、インタビュー映像などの撮影データや台本を自社であらかじめ用意しておくと、外注にかかる費用が節約できることもあります。

複数の映像制作会社を同時に比較する際のポイント

複数の映像制作会社から、つくりたい映像に合った会社を選ぶには何に注目すればよいのでしょうか。ポイントを2点ご紹介します。

見積もりをもらう

求めている映像の制作にどれほどの費用がかかるのか。その適切な相場を知るためにも、複数の映像制作会社で見積もりをとることが重要です。複数社から見積もりを取ることを「相見積もり」といいます。適切な価格で依頼するためにも、ぜひ相見積もりを行いましょう。複数社に一度に見積もりを依頼できるサービスも存在します。

実績があるか確認する

大きな費用が必要な映像制作。お金をかけた分、クオリティの高い映像を制作してもらいたいですよね。その点、実績がある会社なら安心して依頼ができるでしょう。さらに、優れたディレクターがいる会社であれば、しっかりとしたクオリティの映像を期待できるでしょう。

 

この記事では、映像制作を外部の会社に依頼するメリット・デメリットや、複数の映像制作会社を同時に比較する際のポイントについてご紹介しました。外注するメリットは、クオリティが高いことや、3DCGやアニメーションを制作できることなどが挙げられます。デメリットには、外注費用が必要な点と、スケジュールが組みづらい点があるでしょう。依頼前には、映像の目的や発信媒体などを明確化し、参考動画・自社サービスの資料を準備しておきましょう。また、どの映像制作会社に依頼するか迷わないためにも、相見積もりをし、実績があるかを確認しましょう。

【京都】おすすめの映像制作会社ランキングTOP15

商品画像1
2
3
4
5
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社ランキング!
JPCの画像
記事一覧