京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をランキング形式で紹介します。

映像制作におけるヒアリングシートの重要性とは?作成方法もチェック!

公開日:2022/06/15


近年、プロモーションの一環で、数多くの企業が取り組んでいる映像制作。この記事では、映像制作の打ち合わせに必要なヒアリングシートについてご紹介します。ヒアリングシートは映像制作の成功に欠かせないものです。映像制作を外注しようと思っている人は、ぜひチェックしてみてください。

映像制作における「ヒアリングシート」とは?

映像制作を依頼する際に、まず作成するものがヒアリングシートです。ヒアリングシートには、作成したい映像の目的・ターゲット・内容・発信媒体などのクライアントの希望が記載されます。映像の目的とは、たとえば、「新しいサービスの内容をわかりやすく伝えたい」、「ブランディングを図りたい」、「この商品の売上げをあげたい」などです。

ターゲットとは、動画を届けたい視聴者層のことで、さらにペルソナを設定することでより具体的な人物像を映像制作会社と共有できます。映像の内容とは、映像の長さや構成、ナレーションの有無などです。これらは予算にも大きく関係するため、映像制作会社と相談するとよいでしょう。ヒアリングシートにはほかにも、発信媒体や予算、納期などの項目があります。加えて、制作本数や撮影の有無、参考動画などを記載する場合もあるでしょう。

ヒアリングシートの重要性

映像制作会社はヒアリングシートをもとに映像を企画・制作します。そのため、ヒアリングシートが映像制作の鍵を握るといっても過言ではないでしょう。ヒアリングシートにクライアントの希望をうまく記入しておくことで、映像制作会社との映像のイメージが共有できます。

ヒアリングシートの作成方法

ヒアリングシートの作成は、依頼時に映像制作会社からシートを渡される場合と、ヒアリングを行いながら映像制作会社のスタッフが作成する場合があります。上述したように、ヒアリングシートは映像制作の鍵を握る重要な書類です。記入事項について社内でしっかり決定し、ヒアリングシートを丁寧に作成しましょう。

目的やターゲット、内容があやふやで決めるのが難しい場合には、5W1Hを意識しながら制作の目的を深堀することおすすめします。5W1Hとは、Why(なぜ)・Who(だれ)・What(なに)・Where(どこ)・When(いつ)・How(どのように)です。「どうして映像作成をしたいのか」・「どうして映像作成をすることになったのか」や、「誰に向けてどんなメッセージを伝えたいのか」、「その映像はいつどのような媒体で公開するのか」などを具体的にしましょう。

映像制作会社との打ち合わせ時に注意するべきポイント

ここまでヒアリングシートの重要性や内容をお伝えしました。ここからは映像制作会社との打ち合わせの際に気を付けておきたいポイントを2点ご紹介します。それは、目的や要望を詳しく具体的に設定することと、自社のサービスや商品の参考資料を準備しておくことです。詳しくご説明します。

目的や要望を詳しく具体的に設定する

映像制作を成功させるには、映像制作会社と映像のイメージを共有することが何よりも重要です。そして、その一助としてヒアリングシートが役立つことをお伝えしました。しかし、共有したイメージが不明確であったり、悩みを含んだものであったりすると、満足のいく映像はなかなかできません。

そこで、気を付けておきたいのが、目的や要望をなるべく詳しく、かつ具体的に設定しておくことです。たとえば、KPIの設定です。重要業績評価指標とも呼ばれることのあるKPIとはKey Performance Indicatorを省略したもので、映像の目的を達成するための具体的な行動指標や中間目標を意味します。たとえば、「映像の再生回数は5万回を目標とする」などです。このKPIを定めることで、動画によってどのような効果を得たいのかという客観的な評価基準をも共有できるのです。

自社のサービスや商品の参考資料を準備しておく

映像制作会社とイメージを共有するために、便利なのが参考資料です。自社のサービスや商品の参考資料はもちろん、動画のイメージが共有できるような参考動画を準備しておきましょう。昨今、YouTubeなどの動画配信プラットフォームが充実しているため、参考動画も見つけやすいでしょう。YouTubeのURLなどをヒアリングシートに記入しておくこともおすすめです。

 

この記事では、映像制作におけるヒアリングシートの重要性や作成方法をご紹介しました。ヒアリングシートの項目には、作成したい映像の目的・ターゲット・内容・発信媒体などがあります。映像制作を成功させるには、映像制作会社と映像のイメージを共有することが何よりも重要です。ヒアリングシートの項目をなるべく詳しく具体的に設定しましょう。さらに、制作したい映像のイメージに近いYouTubeを共有したり、自社のサービスや商品の参考資料を準備したりしておくことで、より満足できる映像が制作できるでしょう。この記事を参考にヒアリングシートを作成し、映像制作会社との打ち合わせに臨んでみてください。

【京都】おすすめの映像制作会社ランキングTOP15

商品画像1
2
3
4
5
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社ランキング!
JPCの画像
記事一覧