京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をランキング形式で紹介します。

納品された映像をチェックしよう!具体的なチェックポイントは?

公開日:2023/06/15   最終更新日:2023/09/07


商品となる映像はクオリティーが重要です。そのため最低レベルのクオリティーが担保されなければなりません。ただし、見極めは簡単ではありません。では、納品された映像はどんな点をチェックすればよいのでしょうか。今回は、納品された映像のチェックポイントについて詳しくご紹介します。

納品された映像の画質をチェックしよう

納品された映像の画質はどんな点をチェックすればよいのでしょうか。こちらで詳しくご紹介します。

映像の画質とは何か?

映像の画質とは、画質を決める解像度・ビットレート・フレームレートの3つの要素の高さのことです。解像度・ビットレート・フレームレートの3つの要素が高くなればなるほど、映像の画質も比例して高くなります。逆に3つの要素が低くなればなるほど、映像の画質も比例して低くなります。

解像度とは?

解像度とは、映像のきめの細かさのことです。解像度が高くなるほどきめが細やかな映像になり、解像度が低くなるほどきめが粗い映像になります。

解像度のサイズとは?

解像度のサイズはHDがもっとも粗く、フルHD・4K・8Kのように「K」の数値が高くなるほどきめが細やかな映像になります。

・HD(ハイビジョン):1280×720ピクセル
・フルHD(フルハイビジョン):1920×1080ピクセル
・4K(QFHD):3840×2160ピクセル
・8K(UHD):7680×4320ピクセル

映像のサイズは画素数で表され、単位はピクセル数で表します。

ビットレートとは?

ビットレートとは1秒間あたりのデータ量のことです。ビットレートが高いほどデータ量が多くなるので画質がよくなり、逆にビットレートが低いほどデータ量が減るので画質が悪くなります。ただし、ビットレートを高くし過ぎると、ファイルの容量をとられてしまうので、上げ過ぎずに適度なビットレート値にする必要があります。

フレームレートとは?

フレームレートとは1秒間に映せる静止画の数のことです。フレームレートが高いほど映像がなめらかな動きになり、フレームレートが低いほど映像がカクカクした動きをします。簡単にいうとフレームレートとはパラパラマンガのコマ数のようなものです。

納品された映像の画質のチェックポイントとは?

納品された映像の画質のチェックポイントとは、解像度・ビットレート・フレームレートの3つの要素がクライアントの想定していたクオリティーを満たしているかをチェックすることです。

納品された映像の音声をチェックしよう

納品された映像の音声はどんな点をチェックすればよいのでしょうか。納品された映像の音声のチェックとは、音ズレ、音飛び、ノイズをチェックすることです。こちらで詳しくご紹介します。

音ズレのチェックとは?

音ズレのチェックとは映像と音声がズレていないかをチェックすることです。音ズレとは、映像と音声が合っていない状態のことです。例えば音ズレがあると、映像の登場人物の口の動きと音声が合わなくなります。一瞬であればわかりませんが、映像中ずっと音ズレが続くと違和感があります。納品された映像は音ズレをしっかりとチェックしましょう。

音飛びのチェックとは?

音飛びのチェックとは、音声が一瞬聞こえなくなっていないかをチェックすることです。音飛びとは、一瞬音が聞こえなくなる状態のことです。映像の音声を聞いている時、音がしょっちゅう飛んでいると不快な気分になります。納品された映像は音飛びをしっかりとチェックしましょう。

ノイズのチェックとは?

ノイズのチェックとは、音声に異音が入っていないかをチェックすることです。ノイズが入るとは異音が聞こえる状態のことです。映像の音声を聞いている時、ノイズが何度も聞こえてしまうと映像に集中できなくなります。納品された映像はノイズをしっかりとチェックしましょう。

納品された映像の編集内容をチェックしよう

納品された映像の編集内容はどんな点をチェックすればよいのでしょうか。納品された映像の編集内容のチェックとは、テロップの誤字脱字、色・編集点・NG素材の使用の有無などをチェックすることです。

テロップの誤字脱字、色のチェックとは?

テロップの誤字脱字・色のチェックとは、映像のテロップに誤字脱字がないかと、指定した色になっているかをチェックすることです。テロップとは、映像の画面上に流れる文字情報のことです。一般的には登場人物のしゃべった言葉がテロップになります。映像を視ている時、テロップに誤字脱字があると気になって映像に集中できなくなります。

また、色が指示した通りになっていないと登場人物の言葉の意図がユーザーに伝わらなくなります。納品された映像はテロップの誤字脱字、色をしっかりとチェックしましょう。

編集点のチェックとは?

編集点のチェックとは、映像の方向性がクライアントの意図と合っているかをチェックすることです。映像の方向性がクライアントの意図と合っていないと、まったく異なるテーマの映像になります。納品された映像は編集点をしっかりとチェックをしましょう。

NG素材のチェックとは?

NG素材のチェックとは、NG素材を使った映像になっていないかをチェックすることです。映像クリエイター側が、NG素材を理解していないとうっかり使ってしまうことがあります。納品された映像はNG素材の使用の有無をしっかりとチェックしましょう。

まとめ

今回は、納品された映像のチェックポイントについてご紹介しました。今回のポイントをまとめると、納品された映像には当然厳しいチェックが必要であるということです。理由は、映像クリエイター側はある程度自由に映像を作るからです。どうしてもクオリティーのチェックはクライアント側にかかってきます。

動画・映像制作
迷わられた方
この会社がおすすめ!
ダイヤモンドプロ

ダイヤモンドプロは京都にある、40年以上の豊富な経験を持つ映像制作会社です。ブランディングやリクルート動画のほか、多様なジャンルの動画作成を手掛けています。

人を描くことに特に注力し、「人を魅力的に映す」高い技術を持つのが特徴です。そうして繰り広げられる映像は、人に感動と気づきを与えるものに仕上がるのです。

【京都】おすすめの映像制作会社ランキングTOP15

商品画像1
2
3
4
5
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社ランキング!
JPCの画像