京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をランキング形式で紹介します。

映像・動画制作は誰に依頼すべき?個人と会社のどっちがおすすめ?

公開日:2022/09/15


自社の映像を製作して、顧客に分かりやすくPRしたいと考える企業が増えています。しかしはじめて映像を製作する時には、どこに依頼すべきか迷ってしまいますよね。映像制作を請け負うのは個人から会社までさまざまです。今回は、映像制作は個人と会社のどちらに依頼するべきか、それぞれのメリット・デメリットを比べてお伝えします。

個人に映像制作を依頼するメリット・デメリット

ここでは、個人に映像制作を依頼するメリットとデメリットについて解説します。

映像制作を個人に依頼するメリット

映像制作を個人に依頼するメリットは、以下の2つです。

・コストが安く抑えられる

個人の場合、基本的に製作する人数は1人もしくは少人数である場合が多いです。そのため会社に比べて人件費が格段に安く設定されているため、コストが安く抑えられます。

・コミュニケーションが取りやすく柔軟に対応してくれる

1人もしくは少人数で依頼を請け負うため、個人のクリエイターは映像制作にかかわるすべての工程を把握しています。そのため、クライアントともコミュニケーションが取りやすく、制作過程での修正や追加依頼なども相談次第では柔軟に対応してくれることが多いです。

映像制作を個人に依頼するデメリット

映像制作を個人に依頼するデメリットは、以下の3つです。

・品質にばらつきがある

できあがった映像のクオリティは、個人クリエイターの腕次第となるのが実情です。満足できるレベルに満たない映像が納品されるリスクがあることも考慮しましょう。

知識や信頼性に乏しいクリエイターもいる

個人クリエイターの中には、本業ではなく主婦や会社員が副業で行っている場合もあります。その場合、本業や家庭の都合などで納期が守られないこともあるので注意しましょう。また、マーケティングの知識に乏しいクリエイターに依頼すると、自社のニーズに合わない映像が納品されることもあるので注意が必要です。

・セキュリティ面が不安

個人クリエイターの場合、機密情報に対する認識の甘さからセキュリティ面に不安を覚えることもあるでしょう。大切な機密情報を漏洩させないためにも、事前に情報管理の取り組みについて確認しておく必要があります。

映像・動画制作会社に依頼するメリット・デメリット

次に、映像制作を会社に依頼した場合のメリットとデメリットを解説します。

映像制作を会社に依頼するメリット

映像制作を会社に依頼するメリットは以下の3つです。

・豊富な実績で安定したクオリティ

映像制作会社には豊富な実績とノウハウがあり、成果につながりやすい映像を作ってもらうことが可能です。

・信頼性の高い取引が可能

映像制作を組織として請け負っているので、個人より信頼性は高くなります。スタッフも多いのでチームで映像制作に携わり、納期をきちんと守ってくれる安心感もあります。

・セキュリティ面で安心

映像制作会社では情報管理を徹底しているので、情報漏洩を防ぐセキュリティの面で安心感があります。機密保持契約を結ぶこともできるので大切な社内の情報を預ける場合は、信頼性が高くなるのではないでしょうか。

映像制作を会社に依頼するデメリット

映像制作を会社に依頼するデメリットは以下の2つです。

・コストが高い

映像制作会社は、多くのスタッフがチームで映像制作に携わるので、どうしても人件費が高くなりがちです。その分、料金が高くなってしまうのは仕方がないことと言えるでしょう。

・少額案件は引き受けてもらえない場合も

前の項でも述べたとおり、映像制作会社は人件費が高くなりがちです。そのため、少額案件では利益をだせないため、会社によっては受け付けてもらえないケースがあるので注意が必要です。

仕事で利用するなら映像制作会社、趣味で利用するなら個人

商用で映像制作するのなら、顧客獲得につながる成果を期待したいところです。その点、映像制作会社では、WEBマーケティングに関する知識も豊富で顧客獲得につなげるノウハウを持っています。確実な成果を出したいのであれば、コストはかかりますが、映像制作会社に依頼した方が無難でしょう。

仕事で利用するのではなく家族の思い出ムービーを作ったり、結婚式用の映像を作ったりなど、個人の趣味として楽しむのであれば、個人クリエイターに依頼する方がよいでしょう。コストが抑えられますし、細かい要望もきいてもらえて満足のいく作品を作ってもらえるでしょう。

映像制作会社を選ぶときのチェックポイント

ここでは、映像制作会社を選ぶ際のチェックポイントについてまとめました。

価格が明確であるかどうか

見積もりを取った時に、料金の内訳に不明瞭な点がないか確認しましょう。修正するたびに修正費用がかかるなど、事前に聞かされていない追加費用が発生しないかという点も、重要なチェックポイントです。

実績は豊富かどうか

過去にどのような映像制作に携わってきたのかをチェックすることで、映像制作会社の実績を確認できます。また、得意なジャンルは何かということも合わせてチェックしておきましょう。

企画力のチェック

ヒアリングを行い、どの程度クライアントのニーズをくみ取って企画提案できるか、企画力のチェックも大切です。依頼前に簡単な構成案を作成してもらい、自社のイメージに合った企画を提案した会社を選びましょう。

サポート体制は万全かどうか

映像の製作段階で万が一のトラブルがあった場合、スケジュール調整など速やかに対処してくれるかどうかも重要なチェックポイントです。その際、担当してくれるスタッフが信頼できる人物かどうかという相性も確認しておきましょう。

データの保管はできるか

納品後、追加修正を依頼したい場合もあるかもしれません。その際、会社にデータが保管されてなければ修正することは不可能となります。そうならないためにも、納品データはいつまで保管してもらえるかきちんと確認しましょう。

まとめ

映像制作会社と個人クリエイターのメリットとデメリットを紹介しました。映像制作によって確実に成果をあげたいのであれば、知識やノウハウが豊富な映像制作会社に依頼する方が無難でしょう。自社がなんのために映像制作をするのか、どんな映像を作りたいのかなど、目的やイメージをしっかりと持つことによって、自社にピッタリな依頼先が見つかるでしょう。

【京都】おすすめの映像制作会社ランキングTOP15

商品画像1
2
3
4
5
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社ランキング!
JPCの画像
記事一覧