京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をランキング形式で紹介します。

MAってどんなことをするの?動画制作に導入するメリットを解説!

公開日:2023/03/15   最終更新日:2023/05/22


こちらの記事を読んでいただいている方の中には、MAとは一体どんな作業内容なのか気になる方も多いのではないでしょうか。また、MAを動画制作に導入すると一体どんなメリットがあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回は、MAの作業内容や動画制作に導入するメリットに関してご紹介していきます。

MA(マルチオーディオ)とは

ここでは、そもそもMAとは一体どんな作業の内容なのかについて見て行きたいと思います。MAはマルチオーディオが略された言葉となっています。マルチオーディオと言った呼び方は、実は日本のみの呼び方で、海外では、audio post productionやaudio suiteなどと呼ばれています。そんなMAですが、編集が終了した動画に対して、ノイズなどが入っていないか確認する作業を行っています。

さらに、MAはノイズ有無の確認作業だけでなく、効果音やBGM、ナレーションなどを動画の随所に挿入したり、動画の音声部分を調整したりする作業のことを指します。

このように、MAは動画の音声に関しての仕事を幅広く請け負う担当であることが分かったかと思います。こうしたMAがいることで、動画を視聴している視聴者は動画に引き付けられるだけでなく、動画自体も映えると言った効果をもたらします。MAがどう言った効果音などを挿入するかによって、動画は魅力的にも見えますが、一方で動画自体の魅力も半減してしまう可能性もあるため責任重大な作業となっています。

また、MAはひたすら動画にノイズがないか確認したり、動画を見ながらどう言った効果音やBGMを挿入しようかひたすら試行錯誤をしつつ、ひとつの動画を完成させる必要があります。作業に関してはもちろん、センスもある程度必要となってきますが、何よりも大切なのが根気強く作業を続けることができるのかになります。そのため、MAは根気強くひとつの作業を黙々とできる人が向いているとも言えます。

MAを動画制作に活かすメリット

ここでは、MAを動画制作に活用するメリットに関して見て行きたいと思います。MAを導入するメリットとしては、2つのメリットが挙げられます。

・動画によりインパクトを与えることができる点
・より魅力的な動画に仕上げることができる点

が挙げられます。下記では2つのメリットに関して詳しく見て行きたいと思います。

メリット:動画によりインパクトを与えることができる

実は人間の構造上、視覚から情報を入れることが、もっとも多いケースとなります。しかし、一方で、視覚の次に情報を入れることが多い場所は、なんと聴覚と言われています。このことからも、もちろんより視聴者の興味を引くことができる映像を作ることも大切が、効果音やナレーションなども動画に挿入することも大切であると言えます。

さらに、効果音やナレーションがあれば、映像を見ていない瞬間があっても、効果音などが気になり、ついつい動画を見てしまうなどと言った様に視聴者をその動画に引き付ける効果や、動画そのものにもインパクトを与えることができます。

メリット:より魅力的な動画に仕上げることができる

最近のほとんどの動画には効果音がついていることが多く、逆に効果音がない状態だと、動画に対して物足りなさや、寂しさを感じてしまうと言う方も多いのではないでしょうか。しかし、そんな動画に、MAがBGMや効果音、ナレーションなどを挿入することによって、動画全体にメリハリをつけることができるだけでなく、魅力的な動画に仕上げることができます。

編集した動画を活用する場面とは

ここでは、実際にMAによって編集した動画は、一体どんな場面で活用されているのかに関して見て行きたいと思います。主な活用方法としては、プレゼンの際に活用するパターンと、商品の魅力などを伝えるための商品紹介の際に活用するパターンが多く見受けられます。具体的な内容に関しては下記で解説していきます。

プレゼンの際に活用

プレゼンを行う多くの方は、パワーポイントなどでプレゼンの資料を作成すると思います。しかし、プレゼン内容によっては、資料が文字やたまに画像が挿入されている資料になりがちではないでしょうか。こう言った資料の場合、聞き手も飽きてきてしまい、しっかり資料を見てもらえないパターンもあります。

そういったケースを回避するためにも、プレゼンの際にMAを導入した動画を組み込むことによって、視覚と聴覚のダブルで情報を入れることができるため聞き手の伝えたいことを、余すことなく伝えることができます。

商品紹介の際に活用

イベントなどで商品の紹介を行う場合、制限時間が設けられていることが多くあります。そんな制限時間内になかなか商品の魅力をすべて伝えきることは難しいと思います。そんな時、MAを導入した動画を活用することで、短時間でありながらも商品の魅力に関して視覚と聴覚のダブルで聞き手に伝えることができます。

まとめ

今回こちらの記事では、MAってどんなことをするの?動画制作に導入するメリットに関して見てきました。MAは、動画にBGMやナレーション、効果音などを挿入し、映像だけの動画をさらに魅力的にする作業内容となっていました。こういったMAを導入した動画は、視覚と視聴のダブルで情報を取り入れることができるため、プレゼンや商品のPRイベントなどによく活用されています。

【京都】おすすめの映像制作会社ランキングTOP15

商品画像1
2
3
4
5
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社ランキング!
JPCの画像