京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をおすすめ形式で紹介します。

動画制作を自社で行いたい!初心者が制作するためのコツは?

公開日:2021/04/01


近年ではSNSなどでも、企業のPR動画をよく目にするようになりました。PR動画は動画制作会社に依頼して作るのが一般的ですが、自社で制作してコストを安く抑える方法もあります。しかし、初めてではどのように作ればよいのかわからない人がほとんどではないでしょうか?今回は、初心者が動画制作するためのコツについて紹介するため、参考にしてください。

マニュアル・インタビューの動画制作は難易度低め

動画制作はハードルが高いと思われがちですが、マニュアルやインタビューといったカテゴリーは比較的容易で、初心者でも気軽に取り組むことができます。

商品マニュアルの動画は定型化しやすい

動画を使った商品マニュアルは視覚と聴覚で情報を得られるため理解しやすく、さまざまなシーンで活用されています。制作する際は絵コンテを作り、必要カットを揃えて編集するという流れが主流で、初心者でも簡単に制作可能です。商品マニュアルの動画の構成や撮影のセッティングは定型化しやすいため、他の商品を紹介したい場合もすぐに対応できるのが魅力でしょう。問い合わせや反響に合わせて新しい動画を制作するときも、公開までの作業をスムーズに行えます。

インタビューの動画制作もコツをおさえればOK

「お客様の声」や「開発担当者のメッセージ」など、人物が直接出演して話すインタビュー動画は熱意が伝わりやすく、視聴者にインパンクトを与えられます。文字で表現するよりも効果が大きく、特別な素材やCGも必要ないため、動画制作初心者でも取り組みやすいというメリットもあるでしょう。

インタビューを受ける人が斜めに視線を向くように撮る、背景をなくしてメッセージ性を強めるため適度に寄って撮る、リラックスして話してもらえる環境作りをするなど、いくつかのコツをおさえれば問題なく制作できます。一度作ってしまえばその後は定型に沿うだけで済み、動画をスピーディーに制作できるようになるでしょう。

目的意識を明確にして編集する

期待通りの効果を得るには、初めに動画を制作する目的についてしっかりと考えることが重要です。

目的を明確にする

どれほど見た目が美しくかっこいい動画でも、目的が明確でないと視聴者の心に響かず、効果が乏しくなってしまいます。動画制作の際は、撮影や編集のテクニックにばかり意識を向けてしまいがちですが、まず目的をはっきりとさせることを心がけましょう。商品アピールといっても、その目的はさまざまです。「動画を見てすぐに購入してほしい」という目的と、「まず商品自体を知ってほしい」という目的では意味合いが異なり、動画の編集も変わってきます。

目的はひとつに絞る

「会社を知ってもらう」「商品を買ってもらう」「ウェブページにアクセスしてもらう」など動画を作る目的はさまざまですが、目的が複数になると視聴者が混乱し、アピールする効果が薄れてしまいます。目的はむやみに増やしすぎず、ひとつに絞ることがとても大切です。

企画から収録、編集に至るまで目的を一貫して進めることを心がけ、脇道にそれることのないよう注意しましょう。どうしても目的が複数になる場合は、複数動画を制作するのがおすすめです。動画を分ければ視聴者の戸惑いを回避でき、さらに動画の本数が増えるため視聴者に閲覧してもらう機会を増やすこともできます。

動画制作会社に依頼したほうがよいケース

初心者でも簡単に取り組める動画制作のコツを紹介してきましたが、以下のようなケースでは動画制作会社に依頼したほうがよいでしょう。

高度な技術を必要とする動画

会社のブランドロゴアニメーションなど、一度だけしか作らず何度も再生するタイプの動画は重要度が高いでしょう。ブランドイメージの認知・浸透にも大きく関わり、ブランドの顔であるロゴデザインには高い技術も求められます。重要かつ制作に高度な技術が必要な動画は、プロに依頼するのが安心です。

インパクトを重視した動画

見た目が美しい映像はそれだけ視聴者に訴えるものがあり、商品をより印象的にアピールことができます。そのため、新商品のプロモーション動画など、インパクトを重視した動画はプロに依頼するのがベストです。制作そのものが不可能ということはありませんが、技術、知識、撮影機材など、あらゆる面で豊富なノウハウがあるプロの動画と比べると、見劣りしてしまう可能性が高いでしょう。

撮り直しできない動画

入社式や株主総会などの式典撮影など撮り直しできない動画の収録も、無理せずプロに依頼しましょう。動画の収録には不測の事態がつきものですが、プロは予備の機材の準備など、不測の事態に対するリスク管理が徹底しています。クオリティも確かなので、重要な式典は自分で撮ろうとせずプロに任せましょう。

 

今回は、初心者が動画制作するためのコツについて紹介しました。視聴者の心に訴える動画を制作するには、「目的」を明確にして、それを制作に関わる全員が共有しておくことが重要です。また、重要度の高い動画や高い技術を必要とする動画は、自社で制作しても効果が得にくいので、プロに依頼するのが得策といえるでしょう。

【京都】おすすめの映像制作会社5選

商品画像
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社5選
JPCの画像