京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をランキング形式で紹介します。

プロモーション動画とは?制作のポイントもご紹介!

公開日:

カメラ

ネットの急速な普及にともない、企業は商品やサービスを効果的に紹介する方法を模索しています。そこで近年注目されているのが、拡販につなげる手段としてプロモーション動画を活用する方法です。

プロモーション動画は、マーケティング戦略の中でも重要な位置を占め、その活用がうまくいけば効率的な拡販に繋がります。本記事では、プロモーション動画の基本情報や目的、制作方法に焦点を当てて解説していきます。

プロモーション動画の基本

プロモーション動画は、商品やサービスの販売促進を目的とした動画です。商品やサービスの特長やメリットを紹介することで、購買意欲を引き出します。

視聴者に魅力やメリットを伝え、購買欲や関心を喚起するために制作されます。プロモーション動画制作において、伝えたいメッセージや特徴を明確にすることが重要です。

企業名や商品名の記憶にも寄与し、効果的な広告手段として位置づけられています。プロモーション動画にはさまざまな表現方法があり、アニメーション、効果音、ナレーション、テロップなどを駆使して見た人を引きつけます。

CMもプロモーション動画の一つで、メディアを通じて広範囲に情報を発信できるため、さまざまな企業が導入しています。

プロモーション動画を作成する目的

プロモーション動画を制作する前に、いくつかの重要な目的を確認しておきましょう。以下では、プロモーション動画制作における3つの主な目的に焦点を当てて解説します。

販売促進活動

販売促進の観点から、プロモーション動画は商品やサービスを効果的にアピールして購買欲につなげます。映像を見た人の気持ちを引き出す手段として、プロモーション動画は活用されます。

視聴者はプロモーション動画を通じて、自身が抱える欲望やニーズに共感しやすくなります。企業が展開するさまざまなプロモーション活動は、最終的には販売促進につなげることを目的としています。

一般的なプロモーション動画の流れとして、まず冒頭で視聴者の悩みに共感します。そして、その悩みを解決できるソリューションとしてサービスを提示します。

プロモーション動画では、視聴者の悩みを解決に導く効果的な販売促進が組み込まれているのです。

認知度の向上

商品やサービスを販売するには、少しでも多くの人に知ってもらう必要があります。そのため、プロモーション動画で商品やサービスの認知度を拡大します。

商品やサービスの認知度の拡大は、効果的かつ効率的に達成することが不可欠です。それだけ現代の社会において、流行り廃りのスピード感が早まっているということです。

プロモーション動画を通じて商品やサービスの存在を広く知ってもらい、魅力を適切に伝えることで購買意欲を高めていきます。その際、ストーリー性のある映像制作を行うと視聴者の印象に残ります。

視聴者にプロモーション動画を強く印象づけることで、SNSなどを通じて認知度が一気に拡散することに期待できます。

ブランディング

ブランディングは、商品やサービス、企業のイメージ向上を促進するための活動を指します。ユーザーが認識するブランドのイメージを高めることで、顧客から共感や信頼を得られます。

特に他社との差別化が難しい場合、自社製品を優先的に選んでもらうためには、ブランディングがとても重要な役割を果たします。商品やサービスを選ぶ際、ブランドが世間からどのような評価を受けているかは重要な要素です。

企業のブランディング活動は、商品やサービスを購入するときの判断材料として不可欠な取り組みとなります。共感しやすい要素をストーリー仕立てで映像化し、商品やサービスに込められたメッセージを直接視聴者に訴えかけていきます。

魅力的なプロモーション動画制作のポイント

魅力的なプロモーション動画を制作するには、いくつかの重要なポイントに注意しましょう。

ターゲットを明確にする

伝えたいメッセージや目的にもとづいて、動画のコンセプトをしっかりと決定します。プロモーション動画の成功には、まずどんな人を対象にするかに焦点を当て、明確なターゲットを設定しましょう。

ターゲット層に対して的確に訴えかけ、何をアピールするのかを具体的に洗い出すことで、プロモーション動画の訴求ポイントが鮮明になります。プロモーションビデオには主に「認知拡大」「興味関心の喚起」「販売促進」といった3つの目的が存在します。

目的によって、動画の方向性や成果の評価基準、必要な資料などが異なります。たとえば、コンバージョンを目指す場合、単に再生回数が増えるだけでは十分ではありません。

一方で、認知拡大やブランディングが主眼であれば、多くの人の視線を引くだけでも一定の成功といえるでしょう。ターゲットがはっきりしないまま動画を制作すると、適切な公開先や媒体の選定が難しくなります。

認知拡大が目的であるにもかかわらず、公開先が自社サイトのみになってしまうようなズレは避けましょう。

見た人の悩みは解決できそうか

映像にのせるメッセージや、ストーリーを明確にするためにスクリプトを作成します。視聴者が自分ごと化できるかどうかも、プロモーションビデオを制作する上で重要なポイントです。

ストーリー性を持たせたプロモーション動画制作することで、視聴者が抱えている悩みを解決に導きます。視聴者の期待値を上げることができれば、商品やサービスの利用につなげられます。

たとえば、40代の男性がジムのプロモーション動画を視聴した場合、出演者の年齢によって受け取り方が変わることが考えられます。20代のモデルが痩せて健康的になる様子を見ても、受け手に年代によってはうまく訴求しません。

しかし、視聴者と同じくらいの年齢の出演者が成果を上げていれば、自分もできる可能性があると共感につながるのです。

さらに商品やサービスのPRにおいては、単に機能や利点を説明するだけではNGです。視聴者がどのように自分に活かせるかをイメージさせることが重要です。視聴者が商品やサービスを利用することで得られるメリットを具体的に伝えましょう。

競合をリサーチする

商品やサービスの販売を拡大するためには、競合他社との差別化が不可欠です。市場における自社の商品やサービスのポジションを徹底的に調査し、その結果にもとづいて映像制作をすることが重要です。

話題性を生み出すためには、競合他社が手掛けていない領域に積極的に進出する必要があります。自社の現状と競合状況を入念に調査し、独自性を打ち出すことで差別化を図りましょう。

効果を定量的にチェックする

動画や広告は作りっぱなしで終わらせてはいけません。客観的なデータをもとに、プロモーション動画の効果を確認しましょう。

動画の視聴回数だけでなく、問い合わせ数やSNSでの拡散の状況、売上などのデータを収集します。プロモーション動画の効果を数値化して、改善点を見つけましょう。

データを分析し、プロモーション動画を改善することで費用対効果を向上させることが可能となります。

失敗しないプロモーション動画の作り方

ここでは、失敗を回避するプロモーション動画の制作方法について詳しく説明します。

信頼できる制作会社を選ぶ

成功するプロモーション動画の鍵は、実績と信頼のある制作会社に委託することです。専門の制作チームは購買意欲を引き出し、高品質な動画を提供します。

信頼できる制作会社であれば、企画段階から相談やサポートも期待できます。サポート体制や企画段階から綿密な打ち合わせを行うことで、リスクを最小限に抑えます。

人的・時間的コストを考慮すると、制作会社への依頼はトータルの費用を削減する一因となります。プロモーション動画の成功を求めるなら、制作会社の協力を検討しましょう。

まとめ

映像制作において、プロモーション動画は製品とサービスの魅力を最大限に引き出す重要な要素です。伝えたいメッセージや特徴を明確にし、視聴者に魅力を伝えるために、慎重な計画とクリエイティブなアプローチが求められます。

本記事で紹介した、映像制作の目的やポイントを意識しながら、製品とサービスの素晴らしさを余すことなく表現してください。

【京都】おすすめの映像制作会社ランキングTOP15

商品画像1
2
3
4
5
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社ランキング!
JPCの画像
映像・動画制作コラム