京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をおすすめ形式で紹介します。

PR動画を配信するメリット・デメリットとは?他社と差をつけよう!

公開日:2021/09/15

近年多くの企業で活用されているPR動画。PR動画を活用する事でさまざまなメリットがありますが、上手に活用しないとPR効果がマイナスになるデメリットが発生するケースもあるでしょう。今回はPR動画のメリット・デメリットや、他者と差をつけるPR動画を撮るポイントをご紹介します。

そもそもPR動画とは?

PRとはPublic(大衆の、公衆の)Relations(関係、交渉)の頭文字を取って略された言葉です。主に近年、業界で広報や宣伝活動の意味合いで使われています。

PRと一口にいってもPRという言葉は動画のほかに、自己PR、地域PRなどさまざまなシチュエーションで耳にする事があるかと思いますが、それぞれ宣伝したいものが違えども、すべて目的は同じところにあります。

PRの目的、それは「宣伝したいものの魅力を伝えて、共感を得ること」です。たとえば、企業が自社の商品を売り出すためには多くの人達に認知してもらい、商品を買ってもらうことが重要となります。そのためにはどうするか?そこで、今の時代最も有効であるとされる「PR動画」の出番です。

今やSNS、YouTubeなどが普及して、若者からお年寄りまで幅広い層において動画を観る頻度が高くなってきている傾向にあります。それに伴い、YouTube広告、Twitterなどで自社の商品のCMやドラマ仕立ての宣伝動画などが作られるようになりました。視聴者の記憶に残りやすく、かつ興味を持ってもらえるように映像を使って宣伝する様になった手法が「PR動画」なのです。

企業がPR動画を配信するメリット・デメリット

多くの企業がブランディング、知名度向上に用いられようになった「PR動画」。たしかに多くの利点がある手法ではありますが、それと同時にリスクもあります。もちろんそれは何かを発信する上で当たり前の事。これからどのようなメリットとデメリットがあるのか、大まかに説明していきたいと思います。

まずメリットとして、動画を使うことで表現の幅がグンと広がることは間違いないです。これは人によってそれぞれですが、文字のみの情報ですと、頼れるものが視覚だけのため、内容をすべて理解するには時間がかかります。

一方、動画は視覚要素に加えて、聴覚を使って情報を入れる事ができ、かつ動きがある分抽象的な内容も言葉を使う事で伝わりやすくなる点は大きなメリットです。短時間で多くの情報を手に入れる事が動画の魅力の一つでしょう。

また、記憶に残りやすいという点もメリットの1つです。人は文字のみを見て記憶するより、イメージや具体的な情景などに照らし合わせたりして憶える方が、記憶が定着しやすいとされています。具体的なイメージを言葉や動きで伝える事で人の記憶に残り、PR動画でインパクトを残す事によって購買につながるのも利点です。

その反面デメリットとして、PR動画を作るために使う時間とコストがかかってしまうことがあげられます。自社で制作するにも動画づくりには知識と技術がいる分、専門家でもいない限り、リスキーなのは間違いありません。プロに外注するのも選択肢の一つですが、費用がかかるということを念頭に置いておかなければいけません。

プロに依頼をすれば確実ということもなく、最終的にでき上がった動画の完成度によってはPR効果が半減どころかマイナスに働いてしまい、イメージダウンにつながる場合もあるでしょう。どう転ぶかわからないということを考えると、よくも悪くも博打であることは否めません。

もちろん、PR動画を作り成功した例はたくさんあります。さらに、昨今のコロナ情勢で動画需要は高まってきていることは事実です。たしかに可能性としてリスクはありますが、会社の認知度の向上、売上をのばすためには必要で有効な手段の一つといえます。

PR動画を制作する上で意識するべきポイント

人は本当にわかりやすい生き物です。面白いと思ったら面白い。つまらないと感じたらつまらないと評価は如実に出ます。そこで、まずは短過ぎず、長過ぎないコンパクトにまとめられる数十秒から数分程度を目安に制作するのがおすすめです。

そして、コンセプトは何か、何を動画で伝えたいのかを明確にすることが必要です。やはり、わかりやすく、目的とテーマがはっきりしていると視聴者も興味を持ちやすくなるので動画を作る上で必ず意識すべきポイントといえます。

近年、若者を中心に大人も利用しているSNSやYouTubeなど、多くの人達が閲覧する媒体を活用して、PR動画を宣伝するのもひとつの手です。消費者のニーズを考え、どの媒体で発信した方が人は視聴してくれるのかを理解し、早いうちに行動に移せるかがPR動画を成功させる鍵となります。

そのため、年齢が高い層の方達ならテレビCM、若い方達ならYouTube、Twitterなどといったターゲットによって需要が高い媒体で配信するということが重要になってくることを覚えていただきたいです。まず、視聴者の気持ちになって考え、共感を得られるようコンパクトで目的が明確な動画制作をし、その先の作戦を練っておくことがPR動画を作る上で意識しなければいけない事柄といえるでしょう。

 

PR動画の用途は多岐にわたり、それぞれPRするものは異なりますが、根っこの部分は一緒です。情報化社会といわれる現代において、世情を理解し目的を明確にしたPR動画を制作することで、自分自身のアピールができるだけではなく、売り上げに直結する動画を発信できるでしょう。

【京都】おすすめの映像制作会社5選

商品画像
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社5選
JPCの画像
記事一覧