京都で評判の映像・動画制作会社を厳選!口コミで人気の制作会社をおすすめ形式で紹介します。

動画制作後に効果的に活用するには?メリットを紹介

公開日:2021/05/01


近年、PR動画を企業のホームページでよく見かけるようになりました。作成に興味を持っていても、実際に動画を作った後に具体的にどう活かしたらよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?そこで今回の記事では、制作した動画を効果的に活用する方法と、メリットについて紹介しましょう。興味のある人は参考にしてください。

製品・サービスの利用シーンを実感させる

制作した動画を効果的に活用するには、製品・サービスの利用シーンを実感させるのがよい方法です。

使用・利用例を見せる

新しく紹介する製品やサービスは、文章と写真のみでは情報量が足りず、使用方法を伝えきれない場合があります。その点、動画であれば視聴者の視覚と聴覚の両方に訴えかけられるため、よりターゲット層が理解しやすいコンテンツを作ることが可能です。たとえば掃除機の吸引力などは、動画で伝えることで効果が一目瞭然となり、より大きなインパクトを与えることができるでしょう。サービスについても同様に、利用している姿を動画にすると視聴者のイメージが膨らむはずです。リアルな使用感や効果で購買意欲を掻き立てることができれば、「使ってみたい」という意識が芽生え、購入にもつなげることができるでしょう。

さまざまなアレンジ方法を提案する

紹介したい製品がアレンジ可能なものであれば、アレンジ方法をそれぞれ動画にするのもよいでしょう。たとえばオーブンレンジなどの調理家電は、製品の特徴や使い方を紹介する動画以外に、製品を実際に動かしアレンジレシピを作る動画を公開すると、興味を持ってもらいやすくなります。「購入した場合どのようなメリットがあるのか」を具体的に明示することで、視聴者の印象に残りやすくなるのです。

ビフォーアフターを見せる

住宅リフォームや美容など、変化や過程を楽しめるサービスの場合、ビフォーアフターを動画にして見せることも効果的です。前後の変化をわかりやすく紹介することで視聴者は驚きを感じ、サービスの利用にメリットを感じるようになるでしょう。さまざまな業種で自社の技術力をアピールできる方法なので、検討してみてください。

ストーリー風に制作し、理解を深める

企業の動画はストーリー風に制作することで、視聴者の理解を深めることができます。

企業の経営理念をストーリー風動画で伝える

企業の経営理念はただの文字の羅列では読みにくく、読み流されてしまうことが多いものです。ストーリー仕立ての動画を作成し公開すれば、興味をもってもらいやすいでしょう。企業が展開している事業、製品・サービスに対する熱い思いを動画にして公開することで、新たなファンが生まれる可能性もあります。

間接的な内容でもOK

企業の製品の宣伝は、必ずしも直接的な表現である必要はありません。たとえばガス会社のPRなら、ある家族が食事をするシーンをドラマ形式で描くだけでも、日常生活とガスとの密接な関わりを表現でき、企業の姿勢が自然に伝わってきます。商品の説明や具体的なキャッチコピーを使わず、映像のみで伝える動画でも、企業への信頼感や好感を得ることができるのです。

雰囲気・スタッフの魅力を伝える

情報量の多い動画は、企業の雰囲気やスタッフの魅力を伝えるためのツールとしても効果的に活用できます。

オフィスの雰囲気を伝える

自社のオフィスの雰囲気を伝える動画を作成して公開すると、視聴者に身近に感じてもらうことができます。オフィスがスタイリッシュな雰囲気である場合はとくに効果が大きく、ホームページに掲載するだけで魅力的なコンテンツとして認識されるでしょう。また、社内に普段は見学できない施設があれば、動画の中で公開するのもおすすめです。視聴者の親近感がさらにアップし、ブランディングの構築につなげることもできるでしょう。

スタッフの魅力を伝える

美容院やクリニックなどで視聴者の来店を促すには、動画の中でスタッフの魅力を伝えることも大切です。オフィスの雰囲気以外にも、スタッフの紹介やインタビューも動画に盛り込むとよいでしょう。「どのような雰囲気の人に対応してもらえるのか」をイメージできると来店しやすくなり、企業側は集客力のアップにもつながります。また、この動画は採用活動においても有効で、自社の社員のインタビュー動画を提供することで、メッセージに共感した人が応募してくれるかもしれません。そのため、動画を作る際は求める人物像や仕事に対する価値観が伝わるような構成を検討するとよいでしょう。

 

今回は、制作した動画を効果的に活用する方法とメリットについて紹介しました。動画はポイントをおさえて作成・公開することで、効果的に活用できます。この他にも、「動画のコンセプトをあらかじめ明確にする」「何の動画なのかをわかりやすく伝えられるサムネイルにする」「短時間で適切に情報が伝わるよう動画を数分に収める」などのポイントもあるので、ひとつひとつおさえながら制作を進めていくとよいでしょう。動画の導入を検討している人は、参考にしてください。

【京都】おすすめの映像制作会社5選

商品画像
商品名ダイヤモンドプロJPCシネマズギックスGenki ProVCC企画
特徴高いヒアリング力と提案力で高品質の映像をリーズナブルに最高の素材とキービジュアルでプロモーションをサポート京都を拠点に世界で活躍する映像制作チーム企業PV制作累計1000本以上!多数の実績で安心1982年の設立以来企業様のPRなど多くの映像を制作
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都でおすすめの映像・動画制作会社5選
JPCの画像